Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

osumi&papillons7

7匹のパピヨンと生活している毎日をマイペースで 綴って行く日記


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真っ青な空へ

  1. 2013/02/23(土) 00:39:33|
  2. エル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18
先日はエルの訃報に温かいコメントをお寄せ頂き本当に有難うございました
また、コメント以外にもメールやお電話なども頂き有難うございました。
こんなに沢山の皆様に見送っていただいたエルは本当に幸せ者だと思います。
間違いなく素晴らしい生涯だったと思います。

 2月22日(金)14時丁度にエルを荼毘に伏してきました。

空へ

それはそれは真っ青な春を感じさせる素晴らしいお天気の中まるで上って行くのが見えるのでは
ないかと思うぐらいいいお天気でした。「よっ晴れ男!」

本来は21日の夕方学校が終わった後にエルの亡骸をペット霊園に持ち込んで霊園で1晩管理してもらい
お昼に荼毘に伏した後お骨を私が授業終了後取りに行く予定でした。
(残り少ない学校生活でもう2日も休んでたので)
ですが、亡くなった翌日21日に登校した際、学友達が、「せっかく素晴らしい最後だったのにちゃんと
お骨も拾ってあげて、最後まで一緒に居てあげて」という嬉しい提案があり速効霊園に電話して
家でもう一日過ごさせて私が連れて行きますと予定を変更をしたのです。

この場を借りて優しく私の背中を押してくれた学友達に。。応援してくれて有難う!

そうゆう予定変更があったおかげでお参りに来てくれたsaikoさんにエルに会って頂く事ができました。
前日にはカナエさん、トラジくんママ、大地のママも駆けつけてくれて抱っこもしてもらいました。

お友達

ムース君はエルが大好きでオフ会に参加した時はエル一筋で追いかけてくれたね。
やまとくん(チワワ)も10年の付き合いやまとくんもエルラブラブでした。
ムースくんの弟シオンくんは仔犬なのでもう家の中をハイテンションで走り回っていました。
こんな光景をエルはいっぱい見つめてきたので嬉しかったはずです。

お別れ中

やらせではなくエルの亡骸にそっと寄り添う家族、それぞれにお別れをしているみたいでした。
モカはエルを入れている籠の中に気づけばちゃっかり入っていたり・・・モカ、エル爺は重いってよ。

納棺

そして前から用意していたお棺へエルを移し最後のお別れです。
中には家族の集合写真この裏に私からエルに宛てたメッセージをしたためました。
おやつやエルが幼い頃使っていたおもちゃなどを入れてあげました。

お見送り集合写真

蓋を閉める前に今日も付き合って下さった大地のママ(チキママさん)大地・やまとくんも一緒に
これが正真正銘最後の集合写真。

納棺後

いつまでもルカがエルから離れなかったのには流石に涙がこぼれました。
なのでルカだけ連れてエルと一緒に我家を後にしました。


そして・・・・



帰宅

家族のまつ我家に帰ってきました。
霊園の方から「18歳の高齢にしてはしっかりした骨でしたね」って言って頂きました。
エルがどれだけ頑張ってくれたのか証明して頂いたようでとても嬉しかったです。

お骨に変わるまで納骨堂の中に用意された待合室で1時間ほど時間がありました。
沢山の愛犬・愛猫ちゃん達がいっぱい綺麗に納められているのを見ていると。。。
これだけの数にそれぞれのドラマがあるんだなと感慨深かったです。
お友達で「エル」と同じ名前をもつわんこがご縁のエルママさんがエルの追悼の言葉を書いて下さいました。
その中にこの曲はとても優しくて素敵だけど涙がでるという「犬のうた」が載っていました。
犬飼いなら絶対泣きますって書いてあったのに私は聞いてしまったのです。
今日のエルのお見送りにどんだけ目を腫らしてるんだっていうくらい・・・
他にもエルの為に「追悼の言葉」を自分のブログに載せて下さった皆様有難うございました。
そして沢山のお花を送って下さったお友達本当に有難うございました。
一つ一つのメッセージを何度も何度も読ませてもらいました。
エルも私も本当に幸せ者だと思います。全ての皆様へ有難うございました。
スポンサーサイト

テーマ:パピヨン - ジャンル:ペット


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。